つるおか工務店お客様のブログ

お問い合わせ

つるおか工務店 メールアドレス トップページへ戻る

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


記事一覧

P-2

ファイル 948-1.jpgファイル 948-2.jpgファイル 948-3.jpgファイル 948-4.jpg

ニゲラ、オルラヤもだいぶ育ってきました。John

DECK 作り進んでいます。

ファイル 946-1.jpgファイル 946-2.jpgファイル 946-3.jpgファイル 946-4.jpgファイル 946-5.jpg

つるおか工務店のSさんとOさんで今日から作り始めてもらっています。

流石、ベテランは仕事が早い早い、それに仕事が手際がよくて出来ていくものがしっかりしている。

大分、形が見えてきました。John

Wood Deckの解体作業!!

ファイル 945-1.jpgファイル 945-2.jpgファイル 945-3.jpgファイル 945-4.jpg

今日は天気も良くつるおか工務店によるデッキの解体作業が順調に進み夕方には古材のトラックへの積み込み、片づけも終了しました。

まだ、いつから建て方が始まるの分かっていませんが新しくなるのって何でもうれしいものです、宜しくお願いいたします。John

親友の墓参り

17日が彼岸の入り、彼が生前親しく付き合いをしておりました近くに住むSさん夫妻と一緒に親友の墓参りに行ってきました。

病気が見つかり余命数ヶ月と担当医から言われた・・俺は死ねない徹底的に癌と闘うと宣言し苦しい抗がん剤治療をしながら入退院を繰り返し癌と闘うこと1年10ヶ月・・ついに力尽きて昨年の10月帰らぬ人となった。免疫治療も自ら希望して遠くまで通院し本当に頑張った・・まだまだ生きたかったんだろうに。

彼は会社の後輩だが私が将来この地に移住しょうと家を建てているときに会社でPCを開いて「つるおか工務店」を見て進捗状況を確認していたら私の後ろでPCを覗き込んでいたのが彼だった。

それが縁で彼も私の建てたこの勝浦の地に終の棲家を構えることになった、施工には「つるおか工務店」を紹介して立派な大きな家を建てた。それから数年が経ち最近娘さんに孫も生まれこれから楽しい幸せな奥さんとの老後の人生が待っていたはずなのに・・。

皆さん健康にだけには注意してください、私は早期発見、早期治療を心に刻み毎年計画的に検診を受けていこうと思います。John

ガーデニング誌ビズが今日発売です!!

ファイル 943-1.jpgファイル 943-2.jpgファイル 943-4.jpgファイル 943-5.jpg

16日の本日に全国一斉に発売になりましたのでブログに掲載できるようになり誌を開いて載せました。

昨年のオープンガーデンなどでガーデンをご覧になられてご存知の方もおられると思いますが、イングリッシュローズに拘って35品種50本を100坪ほどの庭で栽培しております。

今回の取材は、ビズ社のガーデニング誌のなかの「Home&Garden」の特集に掲載されている企画内容で対象が庭だけではなくて、そこでの暮らし方、また住んでいる家も取材の対象となっております。ガーデニング誌に関しては下記のビズ社、アーリーアメリカンスタイルの住宅に関してのお問い合わせは、輸入住宅「つるおか工務店」までご連絡ください。尚、ビズは奇数月16日販売です

ビズ社 http://www.bises.co.jp e-mail:bises@bises.co.jp     Tel:03-3556-4649

つるおか工務店 e-mail:t@daiku.co.jp Tel:0470-68-4848

今年も5月中頃にはたくさんのイングリッシュローズが美しい花を咲かせてくれると思いますのでハイシーズンに合わせてぜひお出かけくださいお待ちいたしております。John

ガーデニング誌「BISES」

ファイル 942-1.jpgファイル 942-2.jpg

ガーデニング誌ビズNo.101(春号)が16日に全国一斉に発売になります。
本日、誌面製作にご協力いただきまして誠に有難うございましたと発売前に見本誌が出版社より届きました。

昨年の5月に取材を受けたものですが、「Home&Garden」の特集でP56から6Pにわたって紹介されていおりますので機会がございましたら本屋さんでご覧になってください。

GardenだけでなくHomeも取材の対象でしたのでわが家を建築された「つるおか工務店」の事などをインタビューのなかで話しております。John

バラへ芽出しの施肥

ファイル 941-1.jpgファイル 941-2.jpgファイル 941-3.jpgファイル 941-4.jpg

1月に肥料を施しバラに1年分の活力の源となる寒肥を与えました。バラは3月になり芽が伸びだし早いものでは葉も開いてきています。

一番花の芽出しをスムーズにさせるために、私は3月の今頃に通称「芽出し肥」というのを与えていますがこれは一律ではありませんこのバラには必要ない、必要であるはバラを毎年見ていると経験から分かる事です。

バラは全て同じではないので注意が必要です、よく「やりすぎは百害あって一利なし」といわれ、肥料が多すぎるとバラが軟弱に育ち病気の発生を招きます、経験したことですが花形がみだれたり花弁数が多い品種は花弁数が増えて開かなかったり、シュートの発生時期がずれたりします。

これらを考えながら私は芽出し肥を与えています、京成バラ園が製造販売の「フラワーメーカー」50グラムを株から30センチほど離し円周上に撒き施しています。

鉢植えにも目安ですが6号鉢でフラワーメーカーを小スプーンで一杯を何か所に分けて施しています。

PS:冬の寒肥はどういったものを施肥されているかによっても違いますので私のやり方は参考までに。私の寒肥はフラワーメーカー200グラムと完熟牛糞堆肥5リッターを混ぜて株の周りに穴を3か所ほど掘りそこに入れて土で埋め戻す。京成ばら園のネット教本のやり方ですが、いろいろやりましたがこれが材料の調達やそれに作業が楽で結果もいいのでこのやり方をしています。John

WOOD DECKの解体!!

ファイル 940-1.jpgファイル 940-2.jpgファイル 940-3.jpgファイル 940-4.jpg

建築13年目のWood Deckの解体が昨日からつるおか工務店によって始まりました。

全ての木材を取り除き新たに造ります、DIYで作った思い出のたくさんある大きなテーブル、イスも傷みがひどいのでこの際廃棄してまた新たに作ることにしました。

Deckが出来上がった時には、また新たな気持ちで暮らしが始まる気がしてきました。

木の松材で作ったデッキはいくら防腐剤やペンキを塗っていても外のものですので経年と共に腐食が進みます。外から見てなんでもないようでも中はブカブカの場合がありますので釘が浮いてきてないか、歩いてみて床はしっかりしているかなど、放っておくと危険です高さのあるデッキは特に注意が必要です。John

Wood Deck 交換作業

ファイル 939-1.jpgファイル 939-2.jpg

Wood Deckの交換修理のための足場組みが業者さんにより始まりました、午後からの作業でしたがほぼ完成に近いです。
一部ですがバラの植え床があったり、花が咲いているクリスマス・ローズを掘り起こして移動させたりと大変でした。John

勝浦ビック雛まつり!!

ファイル 937-1.jpgファイル 937-2.jpgファイル 937-3.jpgファイル 937-4.jpgファイル 937-5.jpg

東京から友人のKさんご夫妻が「勝浦ビック雛まつり」を見学に勝浦にお出でになりましたのでご一緒させていただきました。

今日は日曜日ですので遠見岬神社に続く商店街は観光客で大変混んでおりましが気温も暖かく天気もいいので楽しんできました。John