つるおか工務店お客様のブログ

お問い合わせ

つるおか工務店 メールアドレス トップページへ戻る

このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得


記事一覧

石灰硫黄合剤

バラとやまぼうしの休眠期に行う病害虫防除のための薬剤散布作業を実施した、庭中が硫黄の臭いで温泉に来たようでした。

この時の薬剤の希釈倍数は通常の散布の時とは違いますので注意が必要です、石灰硫黄合剤は10倍(濃厚)、ダコニール1000で50倍(濃厚)但し、私は石灰硫黄合剤はこの時期(休眠期)にしか使いません。

ダコニールは夏期(気温が高いと薬害を起こす恐れあり)を除いて希釈は1000倍で芽が出始めるこれから使用しますうどんこ病、黒星病の防除に効果があります、希釈倍数を守らないと気温に関わらず薬害を生じますので注意です。

これで冬期の主なバラの作業が終了です・・・庭ではもうバラの芽が膨らんできています1センチくらいに伸びて芽欠き作業、薬剤散布までしばらくの間お休みです、表土の乾き具合を見ながら水をやり管理しましょう。John